横柄な中古車ショップ

スイフトスポーツの中古を見させて頂きました。
修復歴有?

見積もりを提示してもらって、考えますといったら社長さんが出てこられてスイフトスポーツの良さを熱弁されていました。

そういったことよりも、

テーブルを挟んで、迎えのソファにふんぞり返るように座って、テーブルに置かれた灰皿を指で押しながら、「どうぞどうぞやってください 私は吸うんですよ」 と言いながら、堂々と煙草を吸って、押し付けるように説明をすること自体が消費者の信頼を失墜させているということに気付いてなさそうでした。

社長さんの話し方が饒舌過ぎるんですよね。車って、そんなに一生懸命に説明をして、価値があるものだということを力説しなければならないものなのか?と思ってしまいました。

あまりの饒舌ぶりと説得力の強さに、逆に不信感が湧いてしまいました。
あの、スイフトは何かあるなと。

コーヒーはこぼすし、なんだかクレームっぽい電話が入っていたようだし、説明だけは聞いて、さっさと退散してきました。

中古車の程度が良いとか悪いとか、値段が高いとか安いとか、そういったところじゃないところで嫌悪感がありました。もう、なんか、生理的に無理でした。

ちなみに見積もりの有効期限が当日限りとなっており、買わないのであれば見積もりは弊社の方で破棄させていただきますとのことで、引っ込められました。たしかに、見積もりは中古車屋さんが私に提示していただいた内容ですし、購入しないのであれば、見積もりの意味はありませんからね。見積もりを引っ込められたのは、一理あるかなと思いました。