中古車ショップ選び方

中古車ショップ選び方

中古車検索サイトを利用して
中古車ショップへ行って気付いた点

(1) 検索サイトを見て来店しているから

検索サイトを見て、連絡をして、来店予約をしているから、購入するモチベーションが掛かっているだろうと思われているようで、価格はなかなか高いことを言ってくる傾向があると感じました。中古車検索サイトを見て来店しているということは、購入するモチベーションが高いから、少し値段が高くても買ってくれるかもしれない、付属品とか多めにして見積もりを提示しようという雰囲気を強く感じました。
カモがネギ背負ってきましたと言わんばかりの雰囲気でした。中古車屋さん側は、そういうつもりではないかもしれませんが、私はそのように感じてしまっています。

(2) 自社整備工場併設の中古車屋が良い

自社整備工場が併設されていれば、故障があっても安心できますし、納車前の整備をしてくれることもあります。
その場合、整備費用が発生することもありますが。自社整備工場が無い中古車屋さんは、自動車の整備は外注に任せているところも多いようです。ですから、整備費用は実費発生してしまいます。また、目視で気付いた不具合などを修理するにも実費が必要となる場合もあるようです。

(3) 諸費用、諸経費という言葉で包括されている費用が不透明

何に対して必要な費用なのかを明確にする必要があるのではないだろうかと強く感じました。自動車所得税、印紙代、検査登録手続き代行費用、自賠責保険、リサイクル預託金などは必要となりますので、それは理解しています。ただ、それ以外にも費用が必要となるのであれば、明確にしてくれた方が消費者としては購入判断しやすくなりますし、購入決断が早くなります。

(4) 意味不明な付属品、オプション

ドライブレコーダーを勧めてくる中古車屋さんもありましたし、バックカメラを勧めてくるところもありました。どちらにしろ付加価値を高めて販売したいという考えなのでしょう。とても高価な洗車コーティングを勧めてくる中古車屋さんもありました。こちらは、車を買いに来ている訳ですから、販売しようと思って展示している車くらい洗車して引き渡し願いたいものだと思ったりもしました。付属品、オプションなどは本当に必要であれば良いのですが、無駄に装備を増やしても意味がありませんので、不要であると思ったらお断りをすることも大切です。

(5) 現状渡しか整備渡しか?

購入しようと考えている中古車は現状渡しなのか、整備渡しなのかというところも確認が必要です。現状渡しというのは、整備・保障無しという意味で、安価で購入できることもあります。ただ、車を乗りだして数日で故障しても修理費を請求されることもあります。整備渡しは、言葉通りで整備をしてから納車となります。場合によっては保障が有償となることもあります。できれば、整備渡し、保障有が良いでしょう。
参考リンク:http://www.pref.aichi.jp/kenmin/shohiseikatsu/sp/example/case06.html

(6) 自動車ローンの支払回数と金利

また、自動車ローンを組んだ方が良いと勧められるのですが、金利の説明があまりされませんでした販売店の従業員の方が一生懸命に60回払いを勧めてくるので、金利を聞いたところ10%でした。しかも、60回払いにするための手数料も加算されていました。支払回数を増やすと手数料が加算されのは、理解できますが金利10%というのは高金利であると感じました。この金利で利益を上げようとしているのだろうかと思ってしまい、不信感が強くなってしまいました。また、ローン会社によっては残価設定にすると、手数料が更に加算されることもあります。
数年前であれば、ディーラーの自動車ローンは高金利だというイメージがありました。ですが、昨今では逆のようです。
ディーラーの自動車ローンの方が低金利になってきています。

POINT:高金利な自動車ローンもある

(7) 支払総額が記載されているショップを見つける

購入する側としては、自分がイメージしている予算があり、予算内で購入できるかどうかを判断しようとします。これは、当たり前のことです。中古車検索サイトに、車体価格が記載されていれば、そこに諸経費が加算されるということは、知っています。ただ、支払総額を明記してくれていた方が判断しやすいですし、自分の予算にあった自動車を見つけることができるのではないだろうかと感じました。

POINT:支払総額を明記してくれていた方が判りやすいし誤解を招かない